大分メイド

TOP > NEWS

9/3 新商品の日本酒・焼酎のお披露目会を開催します

『Oita Made』の新商品として、大分県産のお酒4種7点を9月3日(木)より紹介・販売いたします。
いずれも大分県の魅力を伝えるに十分なものばかり。県外の方だけではなく、地元の方にこそ知っていただきたい素敵なお酒が揃いました。

《Oita Made 新商品のお酒ご紹介》

 

 

 

▪︎「九重 純米吟醸」八鹿酒造株式会社/玖珠郡 

全国新酒鑑評会で連続金賞を受賞する杜氏が醸す日本酒。九重町産「五百万石」を使用。

 

 

 

 

▪︎「大分三井 特別純米」株式会社小松酒造場/宇佐市
実家の酒蔵を復活させた蔵元杜氏が、大分で品種改良された幻の米「大分三井」で醸された日本酒。



 

 

▪︎「宇佐 焙煎麦焼酎」有限会社常徳屋酒造場/宇佐市
宇佐平野で育てられた裸麦を焙煎し醸された焼酎。香ばしく切れ味のある、大分麦焼酎らしい味。

 

 

 

 

▪︎「朝地 御膳米焼酎」牟礼鶴酒造合資会社/豊後大野市
岡藩の献上米として珍重された朝地産米を使用した焼酎。炊きたてのご飯の様な芳醇な味わい。

 

 

《Oita Made 新商品お披露目会》

パートナーの蔵元さまをお招きして、新商品のささやかなお披露目会を開催いたします。
当日は、蔵元杜氏の皆さまより直に想いを伺う貴重な機会になる他、各お酒のご試飲も。
また、BEPPU PROJECT代表の山出より現在開催中の『別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」』の中間報告についてもお話しさせていただきます。予約は不要、みなさま是非ともご参加ください!

日 時: 2015年9月3日(木) 15:30 ~ 16:00
会 場:「Oita Made Shop」〒874-0944大分県別府市元町6-21 platform02
次 第
1. 特定非営利活動法人 BEPPU PROJECT 代表理事 山出淳也 あいさつ
2. 「別府現代芸術フェスティバル 混浴温泉世界」中間報告
3. 「Oita Made Shop」概要説明
4. 蔵元様からのご挨拶・商品紹介
「八鹿酒造」代表取締役社長 麻生益直 様
「小松酒造場」蔵元杜氏 小松潤平 様
「常徳屋酒造場」蔵元杜氏 中園 誠 様
「牟礼鶴酒造」 蔵元杜氏 森 健太郎 様

 

以上、

<本状に関する問い合わせ先 >
NPO法人 BEPPU PROJECT 
TEL : 0977-22-3560

FAX : 0977-75-7-12 

e-mail : info@oitamade.asia 

担当:熊谷

 

「大分有機かぼす」の販売がスタートしました

「大分の人は、とにかく、何にでもかぼすを使う。」

という表現が言い過ぎではないくらい、かぼすが大好き。日本のかぼす生産量の95%を大分県で作られているという、まさにかぼす王国です。

 

そんなかぼすが出回る時期になってきました。

Oita Madeでも、大分有機かぼす農園さんの無農薬かぼすの販売がスタートしました。

 

「昔から家の庭のかぼすの木には農薬なんか使わないのに、店に並んでいるかぼすには無農薬のものがないのはおかしいなと思って」と、この農園を運営している國枝さん。確かにそうなのです。このかぼすは、安心安全、昔ながらの美味しさ。ぜひ味わってみてくださいね。

 

大分有機かぼすはこちらから。

 

 

 

 

梅農家の森梅園さんを訪問しました。

「大山では梅がもうたくさん実っとるばい」との知らせを受け、初夏の季節にOita Madeスタッフは森梅園さんの農園を訪問しました。

森梅園さんは梅の里として名高い日田市大山町にあります。
4年に一度行われる梅干しコンクールで優勝経験もある実力者なので、どんなところかドキドキです。
 
森梅園さんに到着するとなんともフルーティーな香りが辺りに漂っていました。
桃のような香りにうっとり、、梅がこんなにいい匂いだとは知りませんでした。
 
手作りの看板がとっても可愛いです。
  
 
ウエルカムドリンクといなり寿司でお出迎えしてくださいました。
もちろんお手製の梅ドリンクです。
とっても美味しすぎて体に沁み渡りました。
ロールケーキ風のいなり寿司がおしゃれ。梅肉が効いていてこちらも美味です!梅を食べると元気が出てくるのは何故でしょう??
 
こちらが森梅園さんの梅農園です。
手入れしやすいように天井を低めにしているそうです。
ずっと手を上げて作業するのは想像よりずっと大変そうです。
 
こちらは赤紫蘇畑。梅に紫蘇の風味と色味をつけるために使われます。
畑一面の赤紫蘇が山の緑とあいまって素敵な光景です。
 
時々緑のものもいるそうです。
なんて不思議な色なんでしょう!!
 
こちらは畑で収穫した梅の選別作業です。
 
細かな傷も見逃すことなく、ひとつひとつ丹念に選別していきます。
大きさや傷の有無、色などで何段階にもランクが分かれているそうです。
 
穴がたくさん空いている筒状のものがぐるぐる回っていて、そこで大きさ別にも仕分けされます。
 
きれい!!宝石みたいに輝いていて、本当に桃みたいな、すももみたいな良い香りがします。(2度目)
 
さらに梅干しを漬けているところも見せていただきました。
見たこともないぐらい大きなタンクがたくさん!!
この中で無数の梅たちが静かに眠っています。
出荷されるまでここでじっくり漬かっているのですね。
なんだか唾液が溢れてきました、、、!!
 
こっ、これは、、美咲梅!!?
とってもしょっぱくて、とろーりなめらか。不思議な食感の美咲梅、いつもOita Made Shopで販売させていただいておりますが、このように作られているんですね。お会いできて感無量です。
 
 
森梅園さんの梅干しは愛情たっぷり、手間暇かけて造られているんだと改めて感じました。
森あゆみさん、そしてご家族のみなさん、お忙しいところご案内いただき本当にありがとうございました。
 
 
森梅園さんの梅干しはこちら

8/18(火)竹を使ったワークショップ開催@JRおおいたシティ屋上ひろば

こんにちは、連日の暑い日が続いていますね。

しかし、暦の上では立秋を過ぎました。少しずつ秋の気配は、、まだないかもしれませんが、この夏の大分は楽しいイベントはまだまだ盛りだくさん。大いに楽しんでほしいですね。

 

さてそんな中、8/18(火)に大分県産の竹を使ったワークショップを開催します。

 

 

竹枝鉛筆をつくっている「別府スタイル」の竹作家である川島さんが講師となり、竹から鉛筆とコップを作ってしまおうというもの。素材に触れながら、楽しく竹林のことも学んでもらえたら。

 

 

 

予約は不要です。保護者同伴であれば小学生のお子さんも参加可能ですので是非ともご参加くださいね。

 

===========

 

▪︎ワークショップ名:”竹”でものづくり体験をしよう
▪︎内容:竹枝鉛筆、竹のコップの制作体験※時間は一つにつき30~40分ほど
▪︎開催日時:8月18日(火)11時〜15時
▪︎会場:JRおおいたシティ屋上ひろば 仲見世通りの屋内スペース
▪︎対象:小学生〜大人※10歳以下の参加は保護者同伴

▪︎参加費:竹枝鉛筆…500円、竹のコップ…各500円※どちらか選べます。
▪︎定員:竹鉛筆、竹コップそれぞれ3組6名づつ、30~40分ほどのサイクルに

 

===========