大分メイド

TOP > NEWS

「竹枝ペン」の制作現場へ訪問してきました!

先日「竹枝ペン」生産者、「別府スタイル」の川島茂雄さんのアトリエに伺いました。

ここは杵築市にある古民家。豊富な竹林はもちろん、麦畑があったり、少し行くとすぐ別府湾を望めるという素敵なところです。

 

 

 

「竹枝ペン」となる前の材料を早速発見。時間が経つにつれ竹の色も変化しています。その様子もキレイですね。

 

 

 

まずは素材となる竹を伐採すべく裏山へ。

根元を切り込んで・・・

倒れる方向を見極めて・・・

根元を引っ張りそのまま斜面を滑らせる!!

 

その様子を動画にも撮ってみました↓

竹取の様子

 

 

と、ここまでは順調でしたが、途中で細かい枝が絡まって動かなくなってしまいました。

周りの竹に切り込みを入れ慎重に動線をつくってあげます。急に動き出すと弾かれて危険なので冷静に動きを見極め、身の置き場を変えていきます。竹の性質や自然の動きを熟知していなければなかなか出来ない作業です。

 

 

 さらにそのままだと長すぎて運べないので何本かに切り分けます。

竹は想像していたよりずっと大きく、重く、一本切るのにも大変な作業だと実感しました。

 

 

「竹枝ペン」で使われるのは先端の細い枝。

一つ一つ手作業で切り分けていきます。

その後アトリエに運ばれさらに検品・加工・研磨などが施され「竹枝ペン」が完成します。

 

竹枝ペン http://oitamade.asia/item/320

 

一つ一つ形の違う「竹枝ペン」は、使うたびにちょっと楽しい気持ちにさせてくれます。

今回、川島さんご夫妻の暖かい人柄に触れさらに愛着が湧きました。

まだ使ったことのない方は、是非お気に入りの子を選んで使ってみてほしいです!

 

 

 

見学の後は竹でコップを作りました。

 

切りたての竹の小口を舐めると・・・「甘い!」

差はありますが場所によってはものすごく甘い!

「なんでこんなに甘いんだろうね〜」なんて言いながらコーヒーをいただきました。

 

ブラックコーヒーに竹の甘み・・・最高の一杯でした。

 

さらに竹藪でタケノコを発見してちゃっかり収穫♪

こちらも美味しく頂戴しました。

採りたてのたけのこは炒めるだけで美味!

 

自然の恵みを体いっぱいに頂いた1日でした。

Oita Madeにお越しの皆さんにも、こういった商品の背景や作り手さんの生活も一緒に知っていただきたいなあと。

川島さん、ありがとうございました!

「URBAN RESEARCH DOORS」札幌ステラプレイス店にて、Oita Made販売中

 

先日開催された「ネットショップ祭り」には、本当に多くの方にお越しいただきました。当日は引っ切りなしにお客様がお越しになり、準備した商品も売り切れ、カタログも全てなくなるほど。やはり、ネットショップだけでなく、リアルな場での買い物体験が大切なのだなあ、と改めて感じた次第です。詳しくはこちら。http://shop-pro.jp/news/150519_netshopmatsuri/

 

 

 

さて、,

大分から最も離れている都道府県”北海道”のみなさん、こんにちは、、!この声はそちらまで届いてますか〜!? ということで(笑)、大分から約1900km離れたところにある「URBAN RESEARCH DOORS」札幌ステラプレイス店にて、Oita Madeの販売をしております。

 

写真の通り、大分濃縮みかん、佐伯ごまだし、櫛野柚子ごしょう、菊芋クッキー、大分かぼすグミ、サンクイーンマーマレード、日田の梨ジャム、豊後高田の落花生など、ご紹介しておりますよ。

北海度の方にとって”大分”のイメージがどのようなものか、とても気になります。同じ日本といえども、北海道と九州では気候や地形、歴史、食文化も当然ながら違うはず(北海道の方々にとって「佐伯ごまだし」はどの様に見えるのかしら)。

お店ではカタログも無料配布する予定です。このような、一種の文化交易とも言える機会をいただけて、本当にありがたいです。これを機に大分のこと、もっと知ってもらえたら。

 

今月末まで、ジャムの試食も開催されています。梨ジャムとサンクイーンマーマレード、南西の国の美味しい味覚、是非味わってみてくださいね。

http://ur-blog.jp/doors/sstera/347796/

5/17「にっぽんネットショップ祭」@3331アーツ千代田(東京)に参加します

次の日曜日は、東京でのイベントにOita Madeが出店します。

全国より津々浦々64のショップが集まる、かなり濃いお祭りになりそうです。お店のラインナップを見るだけでもワクワクするのですが、一番素敵だと思ったのは、販売する人もそれぞれの地方からこられること。商品のことだけではなく、その土地での暮らしや想いなども一緒に知ることができるのではないでしょうか。
 
 
 
Oita Madeも「大分かぼすグミ」はもちろん、東京初紹介の商品も大分よりたくさん持っていきますよ!(段ボールの数がえらいことに汗)
会場も、廃校になった建物をリノベーションしてアートセンターにしたという場所。
このイベントだけでなく、面白そうなものが沢山ありますよ。この機会に、いろんな方にお会いしたいです。是非ともお立ち寄りください。

イベント名にっぽんネットショップ祭2015
開催日時2015年5月17日(日) 10時 - 17時
開催場所
主催ネットショップ運営サービス「カラーミーショップ」
運営会社GMOペパボ株式会社

 

「URBAN RESEARCH DOORS」なんばパークス店にて、Oita Made販売中

GWも終わりましたね、みなさまどのように過ごされたのでしょうか?大分は美術館や大分駅オープンなどで連日大変賑わっていました。別府のホテルや旅館もどこもいっぱいだったそうで、GWの盛り上がりを改めて感じているところです。

 

さて、大阪にお住まいのみなさま初めまして!「URBAN RESEARCH DOORS」なんばパークス店さんでOita Made販売しております。


佐伯ごまだし、イノシシジビエ飯など約15点の商品をご紹介しています。(URDさんのブログでの紹介が丁寧…!嬉しいです泣)
http://ur-blog.jp/doors/namba/344194/

オシャレで素敵な店員さんに持ってもらえて、日田の梨ジャムも喜んでいるよう。。(あくまで主観です笑)

大阪で紹介していただくのは今回が初めて。大阪の皆さんに、大分のことをもっと知っていただける機会になればと願ってます。

濃縮ぶどうの試食会つきイベントは10日まで。カタログも無料配布中ですので、この週末にはぜひ立ち寄りくださいね。